Gender and Elder Care in Japan

Japan's Emerging Male Caregivers

男が介護するということ:家族・ケア・ジェンダーのインターフェス/Male Carers in Japan: Interface of family, care and gender

今回「男が介護するということ:家族・ケア・ジェンダーのインターフェス」という記事について話したいと思います。この記事は介護保険の制度における男性介護者(家族を介護する夫や息子)について書いてあります。まずは日本の男性と介護についての文献レビューがあります。男性介護者に対する「まなざし」:たとえケアの役割や「ケアと女性性の結びつき」の前提などをみます。その上、文献レビューも男性介護者に関わる高齢者虐待のような問題についても書いてあります。次に、2006年の10月に行われた調査について書いてあります。この調査は前回見た石川県の調査とよく似ていますが、全国に行われました。石川の調査と同様に、男性介護者の中で、70年代の夫介護者が多くて、通院している介護者も50%以上になっています。介護者の大半が無職、そしてその離職理由は「定年退職」が多かったです。世帯規模は2人世帯が最も多くて、その中で夫婦世帯が多かったです。

Mao Saito’s Male Carers in Japan: Interface of family, care and gender explores the role of male caregivers in the context of the Long Term Care Insurance system. The article begins with a review of previous literature on male caregivers. Next, Saito looks at a national survey that was carried out in October 2006. This survey covers many of the same demographics as the Ishikawa survey which I discussed in my previous post.  Much like the Ishikawa survey, the majority of the male caregivers were husbands in their seventies, and over half of them visited a hospital regularly.  The majority of the male caregivers were not employed, most having retired.  The most common household configuration was two member households, the majority of which consisted of an elderly couple.

その上、調査が「介護生活」について質問をしました。家事と介護の行為について聞きました。家事の場合、男性介護者が「私のみ」が家事(炊事、洗濯、買い物などに分かれています)をすると答えたため、家事がそんなに困っていないらしいです。「家事で困っていること」について質問された時、「困っているものとしては「炊事」43.4%、「裁縫」40%、と「掃除」23.7%」などが最も多かったです。介護行為の場合では、「洗髪」、「入浴介助」や「排泄介助」と介護サービス事業者を使ったので、身体接触と関係がある介護が困っているそうです。最後に、「スキル獲得のための支援が決定的に不足していることが、介護生活における障壁となり介護に対する負担感を増幅させる原因となっている」と書いてあります。

Additionally, the survey also looks into the daily life activities of the caregivers, including difficulties involving household chores and the caregiving itself. As most of the men said they handled chores such as cooking, laundry and shopping on their own, it would appear that they do not have too much difficulty with these tasks.  When asked which chore was the most difficult for them, the most popular response was “cooking” (43.4%) followed by “sewing” (40%). Many men had trouble with tasks that involved physical contact such as bathing or toileting, and therefore used professional helpers to complete these tasks.  Finally, Saito makes note that the lack of services and support in household and caregiving skill acquisition is the source of a sense of burden and an obstacle in the caregiving process for these men.

最後に記事が従来の研究について戻ります。この部分がアメリカとヨーロッパの研究を見て、「男性介護者研究の射程」を描きます。研究の変遷からはじめ、ライフコース・キャリア、介護と男性性、家族の関係などについて書いてあります。

Finally, after the analysis of the survey, the article shifts back to analysis of previous literature. This section focuses on literature from America and Europe in order to provide an idea of the range of the research. Saito discusses the course of research on male caregivers of the elderly since the 1980s, which covers the role of life course and career in and the role of caregiver, caregiving and masculinity, and family relations.

Leave a Reply